ホーム > 球団情報 > 隼ヒストリー
 

立川 隼 の歴史を御紹介 2003年チーム結成からの流れを全解剖

   
監督中村淳一がニフティオンラインにて新チーム結成の呼びかけ。
一番に反応した岡田と二人で「隼」を設立。
多摩リバーサイドリーグに参加。
シーズン終了後、ウェブサイトをリニューアル。
多摩リバーサイドリーグで優勝。
最終戦、相手の参加者が集合時間に集まらず不戦勝という
いかにも隼らしい勝ち方で優勝が決定。シーズン後リーグを脱退。
「キブロワイト」「モーニング親父。」と3チームで多摩ハートフル
フレンズリーグを立ち上げ。中村がコミッショナーに就任。
2勝2敗の2位。リーグ代表に専念のため中村から鈴木に代表が交代。
多摩ハートフルフレンズリーグに「エスパーズ」「金太郎」の
2チームを招聘。リーグは新加入2チームの奮闘で盛り上がるも
隼は3勝4敗1分と負け越し。4位に終わる。
前年の雪辱を晴らそうとリーグ戦に挑むも、なかなか勝てず。
2勝6敗で最下位に終わる。
最低Aクラスの目標を掲げたが、2勝5敗1分と振るわず、
4位でリーグ戦を終了。
優勝戦線にからみたい!と気合を入れたシーズン。キブロワイトに
完封勝ちするなど良い試合もあったが、結局3勝3敗1分で3位。
ページ上部へ  
 
 
   
球団情報トップ
 
隼プロフィール
隼ヒストリー
隼BBS
 
ロッカールーム
  監督室
  はやぶ〜の部屋
 
スタジアム情報
  立飛スタジアム
   
  立川市
  多摩川緑地野球場
  府中市
  郷土の森野球場
  是政地区一般野球場
  東大和市
  東大和南公園野球場
  武蔵村山市
  総合運動公園第一運動場
  八王子市
  陵南公園野球場
  西寺方グラウンド
  滝が原運動場
  あきる野市
  総合グラウンド
  山田グラウンド
  多摩市
  諏訪南公園野球場
   
 
友好球団
 
隼応援団
 
隼グッズ購入
   
 
COPYRIGHT(C) TACHIKAWA HAYABUSA BASEBALL CLUB